浴衣エロ夏祭り037
『浴衣』とは略装の和服。寝間着や祭りなどに着る。
当時はお湯に浸かる習慣が無く、現在のスチームバスの様な蒸し風呂に入っていた。そのため高温の蒸気で火傷をしない様、また入浴中の汗取りと裸を隠すため用いられたそうな。「ゆかたびら」が略され「ゆかた」になったとされる。江戸時代、湯屋(銭湯)の普及と共に浴衣は庶民に愛用されていく。湯上りにバスローブの様に着られていた浴衣は、次第にそのまま外に出かける様に成り、それまでの下着あるいは寝間着としての使用に加え、簡易な外出着としても通用する様になった。さらに盆踊りや花見など、野外のイベントに浴衣で出かけることも流行した。

(´▽`)ノ管理人が選らんだオススメ記事です!


(∩´∀`)∩迷ったらつぎはココ!



(∩´∀`)∩こちらの記事も合わせてどうですか?