d36bea0e
『その匣は開かれる日を待っている』by 雛瀬あやの機械姦エロ漫画
ゲートキーパーだったAI(人工知能)『EZ-7G』に愛され、異種間の恋愛を成立させようとする実験の対象となり続けるナミ・ヒラサカ。機械と人間との間に子を宿すという無謀な実験は彼女の卵子が減っていくことで頓挫するかに見えた。しかしその卵子自体を増やせばいいと、AIは新たに卵巣を責め始める。

(´▽`)ノ管理人が選らんだオススメ記事です!


(∩´∀`)∩迷ったらつぎはココ!



(∩´∀`)∩こちらの記事も合わせてどうですか?