4f2cc854
『それは大きな緑の眼だった』 by 冬扇の姉妹美少女触手エロ漫画
神社の神主の娘である夕夏と紅葉の姉妹。跡を継ぐのが嫌な姉の夕夏は、妹の紅葉を連れ、神様などいないことを証明するために隠された地下の洞窟へと潜る。しかし、そこには邪神が封印されており、その封印を壊してしまった夕夏と紅葉は、突如現れた触手にその身体を嬲られるのだった!

妹ちゃん可愛すぎる

(∩´∀`)∩迷ったらつぎはココ!



(∩´∀`)∩こちらの記事も合わせてどうですか?