正座エロ024
『正座』とは足を揃えた座り方である。
発祥は中国の春秋時代だが、唐の時代以降に椅子が使われるようになったため廃れた。日本には中国から伝わったようだ。元々は「かしこまる」や「つくばう」などと呼ばれ、明治時代に「正座」という呼び名がついた。日本の正座は中国発祥だが、イスラームの礼拝も正座してから土下座である。実は日本でも中世までの座り方は立て膝やあぐらが多く、平安装束はあぐらで座ることを前提に作られている。この座り方が正式なものとされたのは江戸時代のことである。(ピクシブ百科事典より)

(∩´∀`)∩迷ったらつぎはココ!



(∩´∀`)∩こちらの記事も合わせてどうですか?